コンシーラー並みのカバー力で人気のファンデが試せるお得なセット>>

色白肌のシミ隠しコンシーラーおすすめはどれ?失敗しないための選び方も。

色白 シミ コンシーラー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

シミのできやすい色白肌の人のメイクに欠かせないコンシーラー。

でもナチュラルに隠すにはどのコンシーラーが良いの?
色はどうしたら良い?

まいこ
まいこ

このページではそんなお悩みを解決していきます!

色白肌でシミの多い私が実際に使っているコンシーラーをご紹介します。

さらに、シミ隠し用コンシーラーを選ぶ時に押さえておきたいポイントもまとめていますよ!

シミ隠しコンシーラーを探している人は、ぜひ最後まで読んでいって下さいね。

色白肌の私がシミ隠しに使っているコンシーラー

私が今、実際にシミ隠しに使っているコンシーラーをご紹介していきます。

ザセム カバーパーフェクション チップコンシーラー

私が一番よく使っているのが、ザセム カバーパーフェクション チップコンシーラーです。

まいこ
まいこ

何と言っても値段が安いし、色も豊富なのが魅力です。

ザセムのコンシーラーはコスメ雑誌や美容系ユーチューバーさんもこぞって紹介していたので使ってみたのですが、値段の割にカバー力は高いです!

ただ乾燥しやすいので、目の下などのかさつきがちな場所には使いにくいですね。

ザセム カバーパーフェクション チップコンシーラーを使った詳しい感想は、こちらにまとめているので気になる人はどうぞ。

資生堂スポッツカバーファウンデーション

頬にある濃いシミには、こちらの資生堂スポッツカバーファウンデーションを使っています。こちらも1,000円ちょっとで買えるプチプラコンシーラーです。

まいこ
まいこ

シミをしっかりカバーしてくれるし、マスクをつけても取れないので一日中安心して過ごせます。

色の種類が少ないので肌の色によっては合う色は見つけにくいかもしれません。私もとりあえずs100を使っていますが、ちょっと暗めです。もうちょっと明るい色だとピッタリ来るのになぁとそこはちょっと残念です。

さらに良さそうなコンシーラーがないか色々と試しているので、また何かあればご紹介しますね。

自分にピッタリのシミ隠しコンシーラーを選ぶための3つのポイント

シミを自然に隠すためには、自分にピッタリ合ったコンシーラーを見つけることが大切です

。シミ隠し用コンシーラーを選ぶ時にはこの3つのポイントを押さえておきましょう。

色は迷ったら明るめより暗めを選ぶ

基本的にシミ隠し用のコンシーラーは、肌の色になじむようにファンデーションと同じ色を選びます。

色白肌の人も、今使っているファンデーションと同じ明るさのものを選べば色浮きせずにキレイに隠せます。

もし2色のコンシーラーが似たような色でどちらにするか迷ったら、明るめのものよりも暗めの方を選んでください。暗めの色の方が肌になじみやすいです。

肌質に合ったものを選ぶ

コンシーラーは、自分の肌との相性も大事です。

コンシーラーがよれやすかったり取れやすかったりする主な原因は、皮脂。乾燥肌なのか脂性肌なのかによって、合うコンシーラーが違ってきます。

脂性肌の人は、油分の少ない硬めのテクスチャー、乾燥肌の人は肌になじみやすいように、油分が多いゆるめのテクスチャーのコンシーラーを選ぶと肌なじみが良く、また取れにくくなりますよ。

シミのある場所や大きさに合わせていくつか用意する

シミの多い人は、隠すシミに合わせてコンシーラーをいくつか持っておくことをおすすめします。

シミをしっかりカバーしてくれるのは硬めのテクスチャーのコンシーラー。

ですが硬めのテクスチャーのコンシーラーを目の周りやほうれい線などの動きの出る部分に塗るとよれたり、浮いたりしやすいです。

頬のシミ用に硬めのテクスチャーのクリームコンシーラー、目の周りのシミ隠し用にリキッドコンシーラーという風にコンシーラーをいくつか持っておくと便利です。

色白肌のシミ隠しにおすすめのコンシーラーまとめ

自然にシミを隠すためには、自分の肌にピッタリ合ったコンシーラーを選ぶことがとっても大切です。

色白肌だとなかなか自分の肌に合う色のあるコンシーラーを探すのは大変なんですよね。

このページを参考に、ぜひ自分の肌に合ったコンシーラーを見つけて下さいね。

コンシーラーだけでなく、シミ隠しメイク全体について知りたい!という人はこちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です